情報セキュリティ基本方針

1. 基本姿勢

情報は当社の重要な経営資源であり、最重要経営課題の一つとして適切な情報セキュリティ対策を講じ、有効かつ効率的に活用しなければならない。特に、個人情報漏えい等のインシデントが発生した場合、携帯電話端末の利用者や当社が代理店となっているキャリアに多大なご迷惑をかけ、当社の事業継続にも重大な支障をきたしかねない。

そこで、当社は、代理店業務を営むにあたって求められている一つ一つの情報セキュリティ対策を実施する等、情報機器(携帯電話端末等)取扱事業者としての使命を充分に自覚し、お客様をはじめとする社会により一層の安心とサービスを提供するとともに、当社が保有または運用管理する情報をリスク(盗難、改ざん、破壊、漏洩、不正アクセス行為等)から保護することを目的に、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の構築及び運用、維持・管理、改善を行う。

2. 目的

当社は、基本方針に基づきISMS を確実に維持・運用していくために下記のとおり、情報セキュリティ目的設定のための枠組み、及び組織全体としての目的を定め、情報セキュリティ基本方針とともに周知いたします。

  • 社員一人一人が情報の重要性を認識し、情報を大事に扱う会社にする。
  • 情報セキュリティの維持・向上と顧客への安心と信頼を提供する。
  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の構築及び運用、維持・管理を通じて情報資産をリスクから守るとともに、経営体質強化をはかる。

上記により、当社における情報セキュリティインシデント発生「0」とすることを組織全体の目的とする。

3. 行動指針

  • 基本方針文書は、経営者によって承認し、当社の従業員及び関係者に公表、通知する。
  • 当社の管理下にあるすべての業務活動に係る資産を保護の対象とし、その「機密性」「完全性」及び「可用性」の確保のためリスクアセスメントを実施し、必要となる情報セキュリティ対策を実施する。
  • 従業員及び関係者に対し、情報セキュリティ教育・啓もう活動を実施し、資産の適切な利用を行うよう努める。
  • 資産の保護にあたり、情報セキュリティに関連する法令・規範・事業上・契約上の要求事項を遵守する。
  • 情報セキュリティ体制の定期的な評価・見直しを実施することにより、新たなリスクの発生や環境変化に関する確認と対策を行い、継続的に情報セキュリティ管理体制を改善する。

以上

2015年3月20日

株式会社オヤマダ

代表取締役 小山田 満

認証取得部門

  • 株式会社 オヤマダ
  • ドコモショップココリア多摩センター店
  • ドコモショップグリナード永山店
  • ドコモショップ南大沢店
  • ドコモショップ若葉台店
  • auショップ府中
  • auショップ鶴川